サイトマップ作成 - Sitemap.Name シングルマザー 夢は諦めたくない! - 【在宅副業】シングルマザーや主婦がスキマ時間で収入アップ!ネットビジネス成功術!! 口コミが苦手だけどネットワークビジネスに成功したい方向けの動画(IFrameプレーヤーAPI(JavaScript))

シングルマザー 夢は諦めたくない! - 【在宅副業】シングルマザーや主婦がスキマ時間で収入アップ!ネットビジネス成功術!!

夢へのステップアップと自己投資に揺れる日々。

7541bbea62dcf7afe1110e42b1670b66_s.jpg

無事に製菓衛生士の免許を取得した後は、
もとの平凡な仕事ばかりの日々に戻りましたが

休日やイベントのたびに
お菓子やパン作りをコツコツ楽しんでいました。


その後、希望通りの高校の美術科に入学し、
いよいよ美術の道を進み始めた娘は
毎日がとても充実しているようでした。

そんな娘の姿を見ているうちに、私自身も
夢に近づいていきたい気持ちが溢れてきました。


それまで、市販の本を見ながら
見よう見まねでパンを焼いてきましたが、
なかなか自分で満足のいくものは作れませんでした。

その理由も自分ではよくわかりませんでした。


パン作りをもっと上手になりたい、
同じ趣味の仲間を作りたいと思うようになり、

探した末に仕事のない土日でも通える
全国チェーンのパン教室に通い始めました。


教室でパン作りの基礎から学び、
復習で習ったパンを自宅で焼くのですが
どうしても教室で焼いた時のような仕上がりになりません。

パン作りの奥の深さを知るとともに、
美味しいパンを焼くには
環境も整えなければならないことを痛感しました。


最初は手捏ねにこだわっていた私も
実際に教室で勧める機械で捏ねたパンと食べ比べると

機械の方がはるかにきめが細かく
ふんわりと美味しいパンに仕上がるのです。


一生懸命捏ねたパンの方が美味しさで劣るなんて、
パン作りへの価値観がガラっと変わりました。


パン教室で作るパンはまるで売り物のようで
素晴らしい出来栄えと美味しさに
私はパン作りにどんどん夢中になっていきました。

そして、思い切って業務用のガスオーブンと
パン捏ね機、パン専門の発酵器を
少しづつ買いそろえていくことにしました。

美味しいパンを焼くためには、
適切な温度管理が重要ですし、

手こねではきめ細やかさが再現できないないので
機械の捏ね器も必要です。

そして何より、家庭用の電気オーブンでは
火力が足りず美味しいパンを焼くことができないのです。


ですが、これらの環境をひと通りそろえることは
私にはかなりの勇気が必要だったのです。


インターネットで安く購入出来るところを探しまわっても
ガスオーブンだけでも12万円ほどの出費になってしまいます。

決してシングルマザーの私にとって
安い買い物ではありません。


まして、教育資金など子供の為の必要な出費でなく
パンが好き、もっと美味しいパンを焼けるようになりたい。

ただ、それだけの満足感のために、
これほどの高額な出費をしてしまうことは
それなりの覚悟が必要でした。


ですが、自宅でもパン教室で作るのと
同じような美味しいパンが
購入すればいつでも作れるようになるのです。

いつでも好きな時に
美味しいふわふわのパンを焼くことが出来るのです。

ワクワクが楽しい気持ちが溢れて
嬉しくてたまりませんでした。


自宅でパン教室やりたい、
そんな人は山のようにいます。

自分がパン教室をしても
人が集るようになるかもわかりません。


そもそも賃貸暮らしで
教室を開くには今の部屋が狭すぎます。

だから、教室を実際に開くのは
いつになるかもわからないのです。


それでもいい。

自分の為に高額の出費をすることに悩みながらも
ようやく自分の中で腑に落ちることが出来ました。


これだけワクワク出来るのなら
自分が心から楽しめる趣味なんて
人生でそういくつもあるものではない。


そして、思い切ってパン作りの為の
機械を揃えることにしたのです。


こうして、自分の為に思い切って出費したことで
夢と希望がどんどん膨らんでいくのを感じました。


これまで必死で子育てをしてきた私が
ようやく自分がずっとやりたい道への
次の一歩を踏み出すことが出来たのです。


心からワクワクが止まりませんでした。


【PR 在宅副業で副収入!夢を叶える収入アップ術!】


にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

母親であり父親である自分。人生の見本として資格習得に励む日々。

32a9fb70f73be79f9e5dd2c0239edc3c_s.jpg

とにかく人生の自信に繋がる道しるべが欲しい・・・

そう思った私がまず目指したのが
「製菓衛生士」という国家資格を取得することでした。


履歴書に書ける資格や免許がないことに対して
コンプレックスを抱えていた私は、

世の中を生き抜いていくには形とはいえ
資格や免許の力もバカにできないのでは、と思っていました。


今思うと実力があれば資格も免許もいらないと思いますが、
実力もなにもない私にとって、

例え形だけの免許でも資格を取得することは
とても大きな価値があると思えたのでした。


その後、二子玉川に校舎のある
菓子専門学校の通信課程を受講した私は

せっせと休日に菓子の制作に取り組み、数回の実技スクーリングを経て
二年後の製菓衛生士免許に無事合格することが出来ました^^


受験会場では主婦の方の受験者も多く、
暗記の多い試験勉強を若い時に出来て良かったかな、
なんてその時は思ったりしていました。


それから10年ほど後に、二回ほど簿記試験に独学で挑戦しましたが
この時の頑張ったら資格という結果が残せるという自信が

その後、壁や困難から逃げずに
自分の底力を信じられることに繋がっているのだと思います。


この二回の簿記試験では、一回目は娘の高校受験前に、
もう一回は大学受験前に挑戦しました。


転職に有利な簿記二級が取得したかった、
というのもありますが、

受験を控える娘に、頑張って努力すれば
必ず成果がついてくるんだ!

そのためには寝る時間を削っても
ひたむきにコツコツ努力する姿勢が大事なんだ!


私も頑張ってるよ!一緒に頑張ろう!


黙々と頑張っている娘に、逃げ出さないで
コツコツ努力の大切さを伝えたい一心で
自分の背中を見て理解してほしいと願っていました。


二人で暮らす我が家では、私が娘の母親でありながら
父親の役目を果たさなければなりませんでした。

娘と父親は月に二回ほどは会っていましたが
「仲の良い親友」という関係で、
父親は私の教育方針には一切口を挟むことはありませんでした。


彼なりに気を遣っていたのだと思います。


専業主婦で何の資格も取り柄もなく
若く経験もなかった私は

社会で働くなかで、何も誇れるものがなく、
とにかく努力している自分の姿を
周囲に見てもらう事しかできませんでした。


そして少しづつ、様々なことを学んでいきました。

努力すれば自分に自信がつく。
頑張れる力が自分の中から沸いてくる。


それだけは娘に、親として伝えたいと思っていました。


私は娘の見本になろうと、難しい壁に当たった時も
難しく考えないようにし、とにかく前向きに受け止め
ひたすら頑張ってきたように思います。


とにかく娘の期待に応えたかったのだ、と
今なら分かります。


父親と離れて暮らす娘に、
母親である私と一緒に暮らせてよかったと
大人になった時にそう思ってほしい。

そういう気持ちが強かったのです。

離婚したことで娘に淋しい思いをさせてしまった私は
そうすることで離婚を肯定したかったのかもしれません。


そして、中学に進み、娘は将来は本格的に
美術の道に進みたいと打ち明けられた時、

何が何でも娘の夢を実現させようと思う一方で

娘の親としてふさわしく
私自身も輝いていたい、そうありたいと思いました。


夢を追いかけて頑張っている母親として
娘と気持ちを分かち合い。

いつしかそう思うようになっていました。


【PR 在宅副業で副収入!夢を叶える収入アップ術!】

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

ばくぜんと見えてきた夢が現実の目標に変わるとき

1fd07136913c0d5d0e51ccfe882344e0_s.jpg

ただの「夢」でいうなら
こどものころにずっと抱いていた夢はありました。

それは、恥ずかしながら、
マンガ家と小説家になることです。

テレビゲームがブームになる前の時代で、
当時のこどもたちには圧倒的に人気の憧れの職業でした。


今の時代に当てはめると
声優とかゲームクリエイターのような感じに
なるのかもしれません


小学生のころからマンガ雑誌を真似ては
絵を描くのが楽しくて、本格的に道具をそろえ、

小説をむさぼるように読みふけっては、
自分でも妄想を拡げて、物語を書き続けました。


でも、大人になった私は、現実の生活に追われ、
もうマンガも小説も書かなくなっていました。


とはいえ、こどもにせがまれて
美少女戦士セーラームーンの
イラストを描いたりしていましたが^^;


そんな文系だった私にはもうひとつ
憧れの夢がありました。


小学校の卒業のときに、クラス全員が
自分の将来の夢をテーマに卒業文集を書いたのですが

そのときに私が書いた夢が「街のパン屋さん」だったのです。


小学生の私は、いつしかごはんよりパン党で
遠足のときの友達の
サンドイッチのお弁当に憧れていました。

我が家のお弁当の定番といえば
みそをまぶしてのりで包んだおにぎりでした。

(お母さん、ごめんなさい)

ちょうど、小学高学年のころのこと。
街に初めて個人経営の手作りパン屋さんが出来たのです。


それまで、スーパーや生協の
角食パンや甘食しか食べる機会がなかった私にとって

UFOの形をしたパンやメロンパン、
さまざまな形のデニッシュを見て
天地がひっくり返るくらいの衝撃を受けたのです。


それからは、少ないお小遣いをやりくりして、
自転車を走らせてはパンを買いに出かけていたのを覚えています。


パン屋さんにはパン以外にも、美味しそうな
手作りのケーキも売っていましたが
お小遣いではなかなか手が出ません。


そこで、図書館でお菓子の本を借りてきては
ホットケーキやマドレーヌなど、家にある材料で
自分でおやつを作るようになりました。


夢ややりたいことを考えていた私は、
こどものころにパン屋さんで受けた衝撃と

見よう見まねでお菓子を作っていたときの
ワクワクした気持ちを思い出したのです。


「パンやお菓子をだすお店をしたら楽しそう」

当初はきっと単純な思い付きだったのでしょう。

ですが、一度そう思った途端に、
不思議とずっと思い描いてきた夢のように感じたのです。


すっかりその気になった私は、
お菓子の資格を取ることを思いたちました。


それまで、私にはこれといって
履歴書に書けるようなこれといった資格がありませんでした。


履歴書を書くたびに、書ける資格も免許もない私は、
何も取りえがないような妙な屈辱感がありました。


これから先、いつか転職を考えたときに、
運転免許以外にも堂々と書ける資格がほしい。


勉強できるうえに資格も手に入るなら絶対に損はない!!


短大を中退して、履歴書に誇れる経歴が何もない私は
そうすることが一番の得策だと思ったのです。


子供が小さいうちは、勤務時間が過酷な
お菓子屋さんやパン屋さんで修行する事は出来ない。

それならば、今のうちに資格だけでも取っておこう。


そうして、専門学校の通信制に入学し、
お菓子の国家資格を目指すことにしたのです。

【PR】シングルマザーの副業に最適!在宅で安定収入のお仕事!


にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。