サイトマップ作成 - Sitemap.Name シングルマザー 抱えるリアル悩み体験談 - 【在宅副業】シングルマザーや主婦がスキマ時間で収入アップ!ネットビジネス成功術!! 口コミが苦手だけどネットワークビジネスに成功したい方向けの動画(IFrameプレーヤーAPI(JavaScript))

シングルマザー 抱えるリアル悩み体験談 - 【在宅副業】シングルマザーや主婦がスキマ時間で収入アップ!ネットビジネス成功術!!

シングルマザーの私が子育てが原因で会社を辞めた本当の理由!

376a1b2f169d94efc96f6a8fdc0a7464_s.jpg

シングルマザーの私は、子育てが原因で会社を辞めたことがあります。

再婚で地元を離れ、見知らぬ土地で暮らすことになったのも束の間、
予想もしない事情で事態は急変し、たった一年の結婚生活で破局。

人生色々ありますね〜・・・

その後、なかなか条件の合う正社員の仕事が見つからず、
派遣会社から仕事先を紹介してもらい、

数社を3ヶ月更新で転々とした末に、
ようやく一年契約の派遣先に落ち着いたのです。


シングルマザーが通勤に片道2時間オーバー!!


ありがたいことにこの派遣先で評価していただき、
正式に正社員雇用していただいたものの

今度は急きょ、親会社のある都内の自社ビルへと移転する事となり、
片道2時間通勤を余儀なくされることに・・・


毎朝6時半には家を出て、寄り道せずにまっすぐ家へ向っても
帰宅は20時が当たり前。

小学6先生の娘は、私の弁当のおかずや作り置きのものを夕食に
毎日ひとりで食事をすませていました。

今思うとっとても淋しい思いをさせてしまっていたと思います。


突然の電話で娘の緊急事態を知る


そんなある日、娘の同級生のママから、
突然仕事中に電話が入りました。

そんなことはこれまでで始めてです。
すぐに娘の緊急事態だと察知しました。


ママ友から話を聞くと、なんと娘が40度の高熱で、
朝から学校を休んでいるとのこと!!

なんでも、前日も具合が悪くて早退したそうな・・・


全然知らなかった・・・


私はこの日、娘の具合が悪いことにさえ
全く気がついていませんでした。


高熱でも甘えられない!娘なりの理由・・・


私に会社を休ませてはいけないと
娘は気を遣って黙って学校を休むことにしたようです。

そもそも、私が仕事から戻ってきてからでは
病院の診療時間には間に合いません。

病院に連れて行ってほしくても、会社を早退させてしまうと思い
何もいえなかったのでしょう。


このころ、娘は精神的なストレスからか、
度々学校で過呼吸の発作を起こしていました。

そのことで私が仕事を早退することが続いたので
責任を感じていたのかもしれません。


私が離婚してすぐに地元に戻っていれば、
近くで暮らす実家の祖母を頼ることが出来たでしょう。

しかし、ころころ転校して仲の良い友達と
離れ離れにさせることは、さすがに可哀相に思ったのです。


ですが、親しい知り合いもいないこの土地では
娘には友達以外、だれも頼れる相手はいなかったのです。

この電話をかけてきてくれた同級生のママも、放課後になってから、
ひとりで寝ている娘のもとへお見舞いに行くという話を聞いて
慌てて様子を見に駆けつけてくれ、電話をよこしてくれたのです。

子供が病気の時、働くママの取るべき行動は・・・


子供の学年がいくら大きくなってたとしても、
病気になったときに預かってもらえる頼れる大人が周りにいることは

シングルマザーが子育てをしていく上では
とても重要ではないかと思います。


結局、通勤に片道2時間かかる私は、
電話をいただいてもすぐに自宅に駆けつけることができず、
ママ友の好意に大いに甘えることになりました。

この時、自宅へ向って車を走らせながら、
自分に責任を持って娘を守ることに限界がある、
ということを痛いほど思い知らされました。

シングルマザーの私が会社を辞めた理由


仕事の変わりはあっても、娘の変わりはいない。
娘にとっても親の変わりはいない・・・


それから二カ月後、私はこの会社を辞め、無職のまま
地元の実家の近くへと引っ越しました。

娘が中学に入ってからも、おっちょこちょいの末に足の捻挫や骨折をし、
はしゃぎ過ぎの過呼吸の発作などで、度々学校から呼び出されました。

でも、今度は20~30分で駆けつけることが出来ます。
もう娘を長時間待たせることはありません。


シングルマザーが仕事をしていると、時には、
どうしても仕事を優先させなけれバならない事もあるかと思います。

でも、仕事も大切だけど、
子供が病気の時は心細いもの。

そういう時にこそ、親の愛情で包んであげたいものですよね。

私はこどもを優先して仕事を辞めましたが
少しも後悔はしていません。

大企業だったので、そのまま続けていれば
今では比べようもないほど年収を稼いでいたかもしれません。

ですが、いくらお金を稼いでも
こどもを犠牲にしてまで稼いでも私には意味はないのです。

在宅ビジネスで働く姿はこどもの鏡となる


娘が美大を目指すようになり、ダブルワークを始めてからは
後ろを振り返っても意味がないと思い
とにかく前だけを向いて歩いてきました。

会社の給料が足りなければ、副業で稼げばいい!

本業の他にアルバイトでへとへとになるまで働いて
ようやく辿り着いたのが今の在宅ビジネスです。

娘も自宅でパソコンに向かって仕事をしている私を
心から応援してくれています。

自分が自分に責任を取れる環境だからこそ、
いつでも娘にも自分にも胸を張っていられます^^

娘も私が自宅で仕事をしている姿を見て仕
事への価値観をどんどん身につけてもらえたらと思ってます。

いつまでも自分の選んだ環境で胸を張り続けていたいものですね^^

在宅副業で本業しながら安定収入で年収アップする方法!!


にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

母子家庭のお悩み・父親に会わせる?!父親を知らないこどもたちA

alone-in-the-room_2614426.jpg

母子家庭の多くが、こどもと父親を会わせる
面会したことでこどもが喜ぶのか、苦しむのではないのか
不安や悩みを抱えているのではないでしょうか?

母子家庭のお悩み・父親に会わせる?!父親を知らないこどもたち@


いつも傍にいるとはいえ、こどもの本心は図りしれません。

母子家庭で頑張っている母親に気を遣って
父親に会いたいけれど我慢して言い出せない場合もあるかもしれない。

もしくは父親に会いたくないけれど、
面会だからと会わなければならずに
悩んだり苦しんでいる場合もあるかもしれません。

父親に会わせてもらえない、父親を知らないこどもたち


中には父親に会いたいと望みながら、
父親と連絡がつかなかったり、
面会を拒否する場合もあるでしょう。

幼少のころに両親が離婚したケースでは、
父親の記憶がない場合も多いのではないでしょうか。

本当の父親を知らないばかりに、
自分の存在価値を認められないこどもや

大人になって、いつも父親のような年齢の人を
求めるこどもも時にはいるようです。

実際の父親を知らないばかりに
理想の父親像を思い描いて現実逃避したり・・・

大人の勝手で置くのこどもが
負わなくていい悩みや傷を受けているのに心が痛みます。


父親がいないと不幸なの?


娘の同級生でも、数多くの母子家庭のこどもを見てきましたが、
残念ながらこどもと父親が会っている家庭は、
不思議なことに我が家以外は皆無でした。

中には父親の顔を知らないこどももいましたが、
元気に明るい性格で、クラスの人気者。

母子家庭で、父親を知らない事でこどもが不安にならないように、
母親がたっぷりの愛情を注いできたのが伺い知れました。


離婚したから、母子家庭だから、
父親が家にいないから子供がかわいそう・・・


母子家庭だから、
父親に会えなくて子供がかわいそう・・・
こどもに我慢させてかわいそう・・・


それは、勝手に周囲の大人が思い込みで作り上げた
歪んだ幻想なのかもしれません。


母子家庭でなくても父親との関係で悩むこどもたち


離婚して父親が不在でも、会えなくても
たっぷり愛情を受け取って
育ったこどもの心は満たされているものです。

一方で、両親が揃っていても、いつも喧嘩していたり、
お互いに無関心であったり、こどもとの会話が薄かったり・・・

心がすれ違って、親子のコミュニケーションや絆が
うまく築けず悩みを抱えている家庭も多いのではないでしょうか。

特に働き盛りで忙しい父親は、
朝早く出勤して深夜に帰宅。

休日は疲れで寝ていて、こどもの相手が出来ず、
なかなか家族との会話もままならない場合もあるでしょう。

父親がいなくても心が満たされているこどももいれば
父親がいても心が満たされないこどももいる事実。

せっかく縁があってめぐりあった家族なのに・・・


血の通ったこどもを尊く思う心を
親自身がもっと育てていってほしいと願ってしまいます。

少しでも多くのこどもが、未来に希望を持てるように
自分の存在を認めて自信が持てるように
全力で、多くの愛情で包んであげたいものですね。


我が家の面接交渉のケースは・・・


娘が2歳半で別居し、母子家庭になった我が家ですが、
離婚前からずっと心に決めていたことがあります。

それは、

こどもに淋しい想いはさせないこと。
こどもの好きなことをさせてあげること。

だから、離婚前するまでの別居中でも、
週に二回以上はずっと父親に会っていましたし、
毎週末は父親宅に泊まりに出掛けていました。

成人した今も月に一度はふたりで会ってデートしています。

親の離婚は夫婦の解消であって、
娘から父親を奪う気持ちはありませんでしたし、

父親と義理の両親からも、
娘との関わりを絶ってほしいとは思いませんでした。

娘には多くの愛情を受け取ってほしい。
それが私の一番の望みでした。

こういうと綺麗ごとに聞こえるかもしれません。
ですが、別居した後で娘がふと見せた悲しそうな表情。

その時、胸が張り裂けそうになりました。
娘に取り返しのつかない心の傷を負わせてしまったと・・・

夫婦の関係は戻せないけれど
せめてたくさんの愛情で満たされてほしい。

それが私の娘へのささやかな願いでした。

その祈りが届いたのか、ひとなつっこい娘は誰からも愛され
いつでもクラスの人気者。
いつも大勢の友達に囲まれ、輪の中心にいました。

今も心が通じる友人の話をよく聞かせてくれます。

娘が多くの方からの愛情を受け取ることが出来て
素直に明るく広い心を育んでくれたことを心から嬉しく思います。


【PR】忙しい子育てママに人気急上昇!!在宅で副収入のお仕事】


にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村






母子家庭のお悩み・父親に会わせる?!父親の顔を知らないこどもたち@

6169d3f7c80ab8b545ea5c4d67ae8bdb_s.jpg

母子家庭になって、どんな離婚理由であれ、
こども父親に会わせるか、会わせないかは、
こどもにとって重要な問題で、多くのシングルマザーの悩みではないでしょうか?

こんにちは!
シングルマザー歴17年、芸術系女子のママをしているMakiです。

ずばり!
あなたのこどもは父親に会っていますか?

この数年、ますます母子家庭が増えていて
今では120万世帯にも上るそうです。

母子家庭になるには、
それぞれの家庭で複雑な事情があるかと思いますが
親の離婚とこどもと父親の関係は別の問題です。

母親が引き取った場合に、
離婚後にこどもと父親を会わせるかどうかで

当事者であるこどもは本当にそれを望んでいるのか、
会ったことでこどもの心にどんな影響を与えるか心配ですよね。


世間の母子家庭ではどのくらい父親に会わせているの?


公益社会法人「家庭問題情報センター」のデータによると、

離婚後に母親と暮らす家庭が約80%、
父親と暮らす家庭が約20%

このうち、母親と暮らしている家庭で
父親と面会しているのは約60%
面会がない家庭が約20%という調査結果が出ています。

父親に会ったこどもサイドの感想では
良かったという肯定派が75%、それ以外の否定派が25%でした。

さらに、会って良かったと回答している肯定派の
具体的な内訳をみると、

良かった・・・70%
どちらかといえば良かった・・・30%

父親と会えて心から良かったと思っているこどももいれば、
会わないよりは会って良かったかな、といった
微妙な心境がアンケート結果ににじみ出ているように感じます。


父親と会わせてよかった感想、その結果は・・・


父親に会わせた結果、却ってこどもを傷つける結果にならないか、
父親が母親の悪口を言うのではないか、など
面会させるリスクや心配事は数え上げるときりがないですが、

離婚はあくまで夫婦間の婚姻の解消であって
巻き込まれるこどもの心のケアはデリケートで心配ですよね。

父親に実際に会って良かったと回答したこどもは
どんなふうに思ったのでしょうか。

さきほどの調査結果では、

・「父のいい面も見えてきた」(離婚時5歳、現在20代女性)
・「勉強など教えてもらえる」(離婚時10歳、現在10代女性)
・「自分を愛してくれるのを肌で感じられた」(離婚時10歳、現在20代男性)
・「私の心の土台ができた」(離婚時10歳、現在40代女性)
・「友人と父の話をしても普通に話せる」(離婚時12歳、現在10代女性)
・「精神的な支えになった」(離婚時16歳、現在20代女性)

など、父親に会ったことで、愛情を感じることが出来て安心したり、
父親との関係を肯定的に受け入れられた場合が多いようですね。

こどもにとって、自分を大切に思ってくれている、
一緒に暮らすだけが家族ではないんだと
肯定的に前向に受け止められた結果なのでしょう。

しかし一方で、父親と会わなければ良かったと
会わせた場結果、25%の方が回答しているのも見逃せません。


父親に会わなければ良かった・・・その真相は?


父親と会うことを望みながら、会ったことでがっかりしたり
傷つくこどもも少ないようです。

前述の調査結果で否定的な意見では、

・「私のことは嫌いだと言われてから、会うのが怖くなった」
  (離婚時10歳、現在10代女性)
・「父は私の話に関心なく、父が愚痴をこぼすための連絡は迷惑」
  (離婚時11歳、現在20代女性)
・「父は自分の夢を追求していく人。父親になってはいけない人だった」
  (離婚時14歳、現在20代男性)
・「父の自己満足だった。私のためだったことは一つもない」
  (離婚時14歳、現在20代女性)
・「遠かったので会いに来ることはなかったが、酔って電話をかけてきたり、
   中3の私にお金を無心したりした」(離婚時14歳、現在30代女性)

父親と会ったことでこども自身が不信感や心に傷を抱える結果となり、
面会によって親子の絆を切り裂かれてしまう場合もあったようです。

両親が離婚したことで傷ついた子供の心を、
さらにえぐるような結果になるのなら
父親に会わせなければ良かった・・・

こんなケースも実際にあるのです。
本当に悲しいものですね。

また、心に傷を抱えている子供の中には
父親の顔を知らないこどもたちもいます。

父親を知らないこどもはどんな風に感じているのでしょうか?

母子家庭のお悩み・父親に会わせる?!父親の顔を知らないこどもたち@



にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。